blog

「バクバクバクーってしてた!」

隣の田んぼで稲刈りが始まりました。
2歳児(一時預かり)クラスの子どもたちがその様子をじーっと見つめていました。
先生が「お米がご飯になるんだよ」と伝えると、
目の前の稲穂を見て、「きいろい。なんで?」
『黄色い中に白いお米が入ってるんよ』
「なんで、中にはいってるん?」
その後も「なんで?」「なんで?」・・・
子どもたちの興味が尽きるまで続いていきます。


園庭から帰ってきた年中の男の子。
「バクバクバクーってしてた!」と両腕を広げて挟みこむ動きをして見せてくれました。
稲刈りをしているコンバインを体と言葉を使って伝えてくれているようです。
大きな口も開けて、コンバインになりきっていましたよ。


アーカイブ